☆祝 日本遺産認定☆
2017年05月02日

歳時記

 文化庁は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として認定しています。
 今年は17件が認定され、その一件として「丹後ちりめん回廊」が「日本遺産」に認定されました(平成29年4月28日)。
 『300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊』を構成するのは、48件の資産(文化財)です。籠神社も奥宮真名井神社も、その構成文化財に登録されました。

@ 籠神社
主祭神・彦火明命(ひこほあかりのみこと)は、豊受大神を祀った神様です。衣食住の守護神である豊受大神は、彦火明命の妃に蚕の種を授け、この地に織物技術を伝えました。また彦火明命の母神は栲幡千千姫命(亦名 萬幡豊秋津師比売命など)といい、織物の守護神でもあります。
 籠神社累代社家海部氏は、彦火明命を始祖とし、丹波国を治める丹波国造でありました。彦火明命の二十六世孫(二十七代目)丹波国造海部直愛志祝は、和銅五年(七一二)、元明天皇の勅命によって織物の神様「倭文神」を丹後国に祀りました。
 籠神社の創祀は、奈良時代に奥宮真名井神社を現在地より、籠神社の現在地にお遷ししたことに始まります。伊勢神宮にお遷しした天照大神と豊受大神の御分霊を彦火明命の相殿としてお祀りしています。このような御由緒があるため、奥宮真名井神社の御由緒と同じく、伊勢神宮内宮外宮の元宮として「元伊勢」と呼ばれています。

A 籠神社の奥宮真名井神社(古称 吉佐宮)
 彦火明命が天祖より授かったご神宝の御鏡によって、豊受大神をお祀りしたのが吉佐宮(真名井神社)の起源です。
 崇神天皇三十九年、倭国の皇居で祀られていた天照大神が吉佐宮にご巡幸になり、四年間豊受大神と共にお祀りされました。
その後、天照大神は伊勢の地に御鎮座になりました。その約四百八十年後の雄略天皇二十一年、天照大神はお告げを出されます。
これによって、吉佐宮で祀られていた豊受大神は、当宮から伊勢外宮へとお遷りになりました。
このような御由緒があるため、真名井神社(古称 吉佐宮)
は、伊勢神宮内宮外宮の元宮として「元伊勢」と呼ばれています。
真名井神社の御祭神豊受大神は、彦火明命の妃に五穀と蚕の種を授けられ、稲作・織物など生産製造技術を伝えられた、人々の暮らしを豊かにする、衣食住・産業の神様です。
 
例祭「葵祭」について
2017年04月10日

祭典行事

当社の例祭「葵祭」は例年4月24日(明治以前は4月二の午の日)に斎行されております。
「葵祭」は、懿徳天皇4年(紀元前507年)に始まったと伝えられ、「藤祭」と称しておりました。欽明天皇の御代に賀茂祭が「葵祭」と称せられるに及んで、當社でも「葵祭」と称されるに至ったと伝えられています。
賀茂社の祭礼では祭員が葵の葉を付けるが、當社では祭員の冠に藤の花を挿すのが古来の例になっております。
平成6年には藤祭・葵祭発祥2500年祭を盛大に執り行いました。
お祭りの要は、御祭神の再誕を現す「御生れ神事(みあれしんじ)」で、再誕した神様の神霊(みたま)をお遷しした鳳輦(ほうれん)の御神幸により、五穀豊穣・大漁満足を祈念致します。
例祭当日は境内の随所にて、京都府指定無形民俗文化財である「太刀振り神事・笹囃子・大神楽」等の奉納神事が行われています。


特別祈祷の御案内
葵祭終了後、御神前にてお申込み頂いた方の特別祈祷を奉修致します。
祈祷初穂料 1件 5,000円以上
初穂料の納入につきましては、葵祭り斎行後「御守り、お下がり」を送付致しますので
その際にお知らせいたします



例祭「葵祭」について





※拡大できます
平成二十九年度の特別祈祷は締め切りました
籠神社社務所 0772−27−0006


特別祈祷は祭典終了後に御奉仕いたします。
お申込頂いた方で当日来社の方は御参列下さい。



御参拝・祭典参列の方へ

駐車場について
当日、午前9時〜15時半頃まで各地区の奉納行事が境内の随所にて行われますので
当社駐車場の使用を中止しております

お車でお越しの方は当社周辺の駐車場(有料)をご利用頂くか、天橋立駅周辺の駐車場をご利用頂き、天橋立観光船など(公共機関)にてお越し下さいますようご案内申し上げます
 
眞名井神社仮殿遷座祭 様子
2016年12月10日

歳時記

平成28年10月15日夕刻より斎行致しました
眞名井神社仮殿遷座祭の様子を動画にてご覧頂けます

眞名井神社の仮殿遷座祭記録映像

↑上記をクリックして下さい
 
眞名井神社 例祭
2016年11月08日

祭典行事

眞名井神社の例祭は、10月15日が仮殿遷座祭の為、翌16日に斎行致しました。
例年は眞名井神社にて執り行いますが、眞名井神社の大神様は籠神社へとお遷り頂いておりますので、平成三十年の正遷座祭が終えるまでは本社にて祭典は斎行致します。

今年の眞名井神社の例祭には、仮殿遷座祭でも奏楽頂きました平安雅楽会の皆様に「胡蝶の舞
」をご奉納賜りました。

祭典の様子
眞名井神社 例祭眞名井神社 例祭眞名井神社 例祭
 
眞名井神社 仮殿遷座祭
2016年11月08日

歳時記

此度、眞名井神社本殿を解体修理(遷宮)する為、去る10月15日夕刻に眞名井神社本殿より神様を籠神社本殿へとお遷しする「仮殿遷座祭」を斎行致しました。
眞名井神社の本殿は、棟札により江戸時代の天保3年(1832)に造替されたもので、現在に至るまで、所々の修理を繰り返してきました。しかし、約180年もの歳月を重ねた社殿の損傷は著しく、ゆがみが生じるなど看過出来ない状態となり、本宮御鎮座千三百年の記念事業を一部変更し、眞名井神社本殿解体修理(遷宮)を行うことと致しました。

真名井神社の本殿は京都府の文化財に指定されておりますので、約二年の歳月をかけ宮大工が手工の業を尽くし修理していきます。


真名井神社の参拝は工事の都合上従来通りには出来ませんが、変わらず御参拝頂ければ幸いです。

仮殿遷座祭様子
眞名井神社 仮殿遷座祭眞名井神社 仮殿遷座祭眞名井神社 仮殿遷座祭
 
建国祭「紀元祭」
2016年02月21日

祭典行事

今年も「霊友会」の皆様を始め全国遠近の崇敬者の御参拝を賜り
2月11日10時より祭典を斎行いたしました

祭典の様子
建国祭「紀元祭」
建国祭「紀元祭」





















紀元節祭(建国記念祭)は明治6年1月29日が初めて紀元節と定められ、宮中の皇霊殿に於いて祭祀が行われたのが最初とされており、大正3年から全国の神社でも紀元節祭(建国記念祭)を斎行するよう定められました。
また、終戦後の昭和42年に2月11日が「建国記念の日」と定められ、その趣旨は「建国をしのび、国を愛する心を養う。」とされております.
 
真名井神社 例祭
2015年10月16日

祭典行事

10月15日 10時30分より、当社の奥宮真名井神社の例祭を斎行いたしました。

今年は例年になく天候も穏やかで秋晴れの下、多くの氏子・崇敬者の皆様にご参列いただき賑々しく祭典を執り納める事が出来ました。

真名井神社 例祭










真名井神社 例祭











真名井神社 例祭










 
真名井稲荷神社本宮再建24年祭
2015年09月14日

祭典行事

9月9日 11時より真名井稲荷神社本宮再建祭を斎行致しました
今年は台風による悪天候にも拘わらず、全国遠近より約80名の皆様に御参列を賜り、奉納神事では、元神宮楽師 岡茂男氏が主催する五音会の方々に神楽「浦安の舞」並びに舞楽「賀殿の急」を奉納いただき賑々しい祭典となりました。

真名井稲荷神社本宮再建24年祭
真名井稲荷神社本宮再建24年祭






神楽「浦安の舞」



真名井稲荷神社本宮再建24年祭






舞楽「賀殿の急」
 
週刊 日本の神社 81号 「籠神社」
2015年08月18日

歳時記

本日8月18日に全国の書店にて
週刊:日本の神社 81号 「籠神社」 が販売致しております。

この雑誌は全国のお社を紹介しており
今回の号では当社の由緒、歴史などを特集でご紹介頂いております。

当社をより一層詳しく知って頂ける書籍ですので是非お近くの書店にてご覧頂ければ幸いです。

当社の社頭でも販売致しておりますのでご参拝の折にもご覧下さい。

週刊 日本の神社 81号 「籠神社」
 
江之姫神社 例祭
2015年08月09日

歳時記

本年も8月6日午後6時より 当社の出宮・江之姫神社の例祭を斎行致しました。
当日は地区の夏祭りなども催されており、当社の例祭「葵祭」(4月24日)に奉納される無形民俗文化財の「太刀振り神事」なども行われます。

江之姫神社 例祭

江之姫神社 例祭江之姫神社 例祭















江之姫神社について
古くより籠神社の出宮として、海際の地である江尻に祀られてきたお社であり、祭神は海神(音・カイジン、訓・わたつみのかみ)。この海神は本宮である籠神社に五柱祭られている相殿(あいどの)神の一柱で、古来より海上や海辺で生活してきた人々(これを海士(あま)族と云う)の守護神であると伝えられています。
このお社は江之姫神社と呼ばれておりますが、正式には江神社と云い、江は入江又は海際と云う位置を表した言葉で、入江の処に神を祭ったので江神社と云う。江之と云うのは、江の一音では発音しにくいので、「之」と云う言葉を補って発音しやすくしたとされます。江之姫と云うのは籠神社に祭る海神の別名が、豊玉姫や乙姫等と云われるのに因み、親しみを込めて江之姫と呼び慣わすようになったと云われております。
祭神である海神は古くから龍神様と信仰され、海部族にとっては龍神や龍宮は大変重んじれらておりました。特に、江之姫の龍神様は、漁民によって特に崇敬されただけでなく、水や天候を司る神としても農民に信仰され、更にはその親神である真名井神社の元神と一体となって不老長寿・生命繁栄の御神徳で、この地方の人に篤く敬われた永い歴史を持って現在に至っております。