◆ 海部直伝世鏡 息津鏡・邊津鏡
(約二千百年前、昭和六十二年十月三十一日初公開)


 昭和六十二年十月三十一日(旧暦九月九日・重陽の節句)に二千年の沈黙を破って突如発表されて世に衝撃を与えた之の二鏡は、元伊勢の祀職たる海部直の神殿の奥深くに無二の神宝として安置されて、當主から次の當主へと八十二代二千年に亘って厳重に伝世され來ったものである。日本最古の伝世鏡たる二鏡の内、邊津鏡は前漢時代、今から二〇五〇年位前のものである。
 又、息津鏡は後漢時代で今から一九五〇年位前のものである。そしてこの神宝はその由緒が国宝海部氏勘注系図に記載されており、又當主の代替り毎に 、口伝を以っても厳重に伝世されたものである。
 現存最古の国宝海部氏系図並びに今回発表の二千年前の伝世鏡は、當社の元伊勢たる史実を実証するものであろう。


 
●お申し込み・お問い合わせ
〒629-2242 京都府宮津市字大垣430
TEL 0772-27-0006 FAX 0772-27-1582