お知らせ

お知らせ

11月14日 大嘗祭当日祭 

大嘗祭当日祭 11月14日斎行

天皇陛下は毎年秋に新穀を天照大御神をはじめ、神々に御自ら御供えする新嘗祭(にいなめさい)を行われます。

その中でも、即位後初めての新嘗祭を「大嘗祭(だいじょうさい)」と称し、御一代に一度の重儀とされます。

大嘗祭は古代の工法そのままの簡素に建てられた大嘗宮(だいじょうきゅう)で行われ、国家国民の安寧と五穀豊穣を祈念されます。

各神社に於いては、古例に基づき、恒例の新嘗祭を「大嘗祭当日祭」として斎行し、大嘗祭を奉祝すると共に、氏子・崇敬者の皆様の益々の繁栄を御祈念申し上げます。

また、大嘗祭の二日前にあたる十二日午後四時頃から「臨時大祓」を斎行致します。

参考:神社本庁発行、御大礼の冊子より

ご参列について

御案内の方のみのご参列となります。

御祈祷の受付について

午前中は祭典の為、御奉仕できません

午後は14時~15時45分までの受付となります

 

特別朱印 授与

大嘗祭」の斎行を奉祝し、特別朱印を14日・15日それぞれ先着100名様お一人様一枚のみ)に授与致します

朱印初穂料 500朱印紙のみ

14日の日付で 先着100枚

15日の日付で 先着100枚 ご用意しております

※帳面にはお書きできませんのでご了承下さい

お知らせ一覧へ戻る